Vemstar’s diary

自分を変えた文章を発信するブログ

読書の感想 『理系読書』#3 -問題解決のための読書だったら全て読む必要はない

f:id:Vemstar:20220120174118p:plain

皆さんこんにちはVemstarです。

以前公開した『理系読書』の記事では、複数の本から情報を得て、それを現実世界で活用することや複数の本から同じ情報がでたらその重要な情報である可能性があるということを話しました。

でも、複数の本を読むのは簡単なことではありません。

全て読むとなるととんでもない時間がかかるので、私だったら間違いなく挫折しますね。

今回紹介する文章は、そんな問題に対する答えが書かれています。

その文章を元に感想も話していきたいと思います。

以前の『理系読書』を読んだ感想を記事はこちらです。↓

 

vemstar.hatenablog.com

 

vemstar.hatenablog.com

1,印象に残った文章

【問題解決を目的とする読書の場合、大切なことは、「いかに早く制度の高い解決策に

たどり着けるか」です。

 したがって、たとえ読んでいる最中でも、解決策にたどり着ける情報を抽出できたな 

 ら、それでその本の役割は終了です。

 数行読んだだけでも、目的を達成できたところで本を閉じてもかまわないのです】

 引用:犬塚壮志(2020) 『理系読書』p20 1行目

2,感想

2-1私がこの文章から学んだこと

私は今回紹介した文章を読んで学んだことは、読書という方法で問題の解決策を得たい場合、読書は明確な目的をもって行いそれを達成したら読書は終了するのが良いということです。

2-2目的を持って読書をする大きなメリット

私は物語を楽しむために、小説を読んだりする場合は基本的に目的を持たずに全部読むのは良いと思います。

なぜなら、小説は、問題の解決に役に立つということはあまりないと思うからです。

その一方で、「学んだ知識をしっかり活かせるような勉強法」を知りたいといった明確な目的を持ってる場合はその目的にあった本を読むべきです。

目的を持って本を読むメリットは、「読む必要のある場所を限定できる」だと私は考えています。

読むべき場所がわかってしまえば、複数の本を読むことになっても1冊の本を読むのにかかる時間は大きく減らすことができます。

2-3明確な目的を持って少ない時間で読書をおこなうには?

目的をもって読書を行う時、どのように読めば良いのか?

『理系読書』の著者である犬塚壮志(2020)は次のように本の中で書いています。

 

  • 目次や前書きなどをみて、必要だと思われる箇所のみを抽出する
  • そのページを読んで問題解決につながる方法を発見する
  • 抽出した情報を生かして、すぐに問題解決に取り組んでみる

引用:犬塚壮志(2020) 『理系読書』 p20 7行目

これは、大まかな流れではありますが、このように読んでいけば、複数の本を読むのも大変ではないだろうなと思いました。

2-4今回学んだことを生かすために必要なこと-私の考え

今回私は、明確な目的を持って読むことが大事だということを学びました。

その上で問題の解決策を読書する中で見つけるには、

  1. 目的を明確にしておくこと
  2. 目的にあった本を複数用意する

  この二つが大事だと思いました。

  特に2に関しては、本を購入する段階で、目次や前書きをみてその本が目的を達成

  するのに必要かどうかを見分ける必要があると思います。

  読書という方法で問題解決するなら、本の購入をするときの段階が大切ですね。

  感想はこれで以上です。

3、最後に

今回の記事や他の記事で何か問題点があったらコメントをしてくださると幸いです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

4,参考資料・文献

・犬塚壮志(2020) 『理系読書』ダイヤモンド社

 

5,このブログの今後の方針について

私はある程度ブログの更新に慣れてきたので、

しばらくこのブログは読書法や読書に関する本を中心に、読んだ感想を毎日記事にしていきたいと思います。

その他のジャンルの本の感想の記事は基本的に余裕があるときに公開しようと思ってるので不定期になると思います。

6,次回の記事について

次回も『理系読書』を読んだ感想を記事にする予定です。

7,Twitterのアカウントを作りました。

アカウントのプロフィールのURLはこちらです。

→自分のプロフィールのURL:gen.__さん (@gen_vemstar) / Twitter

 

 

読書の感想 『怒らない方法』#2 怒らないためには、怒るタイミングを先延ばしすることだ。

f:id:Vemstar:20220119205957p:plain

皆さんは、もし怒りそうになったらそれを抑えることはできますか、

以前の私は、抑えることが難しくて周りに迷惑をかけてしまっています。

しかし今回紹介する『怒らない方法』(タイトルを少し省略してます。)を読んで、出会った文章からあることを学び、それを実践しました。

実践してからあまり時間は経っていないのですが、以前よりも怒りを抑えられるようになりました。

みなさんこんにちはVemstarです。今回は前回の記事の感想の続きを話していきたいと思います。

話す内容は、前回の記事の最後の方で話した怒りに満ちた状態になったらどうすればいいのかについてです。

まず最初は、印象的な文章を紹介します。

 

前回の記事はこちらです。↓

 

vemstar.hatenablog.com

1,印象に残った文章

【怒りに対する最善の治療法は「先延ばしすること」だ。怒りを感じたら、何よりもま               ず、先延ばしにしてみる。怒りに許しを与えるためではなく、正しく判断するためだ。

怒りの衝動激しいものだが、しばらくしてみればいくらか静まってくる。怒りを一度に追い払おうとしてはいけない。少しずつ、少しずつ、削り取っていけば、怒りはやがて克服される】

引用:セネカ(2020)『2000年前からローマの哲人は知っていた 怒らない方法』p64 1行目

 

2,感想 (前回の記事の続き)

 先延ばしとは具体的にどうやるのか?-自分の考え

怒りに満ちた状態になったらどうすれば良いのか?この答えは、今回紹介した文章の中にある先延ばしをするということです。

私は怒りを抑えるためはこれが一番重要なのだと思いました。

ではどのように先延ばしするのか?

私の場合で考えると、「怒りたくなるようなことが起きたら10秒かぞえてから怒る。

このようなやり方なら先延ばしができると考えられます。

みなさんは「10秒経ったら怒るの?」と思ったでしょう。

これは私の考えですが、先延ばしすることで何が起きるかというと、自分が怒るタイミングを失うという現象が起きるのだと思われます。

みなさんが、失敗した人を怒る人だったとします。

みなさんはもしだれかが失敗しているのを見かけたら、その次の瞬間に失敗した人に対して怒るのではないでしょうか?

これを防ぐために、先延ばしをするのが役に立つのです。

また怒ることを先延ばしすればするほど、怒りに満ちた状態から冷静な状態へと戻ってくるのだと私は思っています。

3,最後に

今回は怒りに満ちた状態になったらどうすれば良いかということをいつもより短めに話しました。これは個人的な意見ですが、怒りを抑える方法も人によって異なるのだと思いました。前の記事でも言いましたが、人によって怒る原因は違うからです。

先延ばしすることで、私も以前に比べたら怒る回数を減らせていると思いますが、

もっと他にもやり方があるのだと思いました。

今回の記事や他の記事で問題点や不満点があったらコメントしてくださると幸いです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

参考資料・文献

セネカ『2000年前からローマの哲人は知っていた 怒らない方法』 文響社

 

Twitterのアカウントを作りました。

プロフィールのURL:gen.__さん (@gen_vemstar) / Twitter

 

読書の感想 『怒らない方法』-私は怒らないようにするためのヒントを手に入れた。

f:id:Vemstar:20220118155348p:plain

皆さんは日頃どんなことで怒ったりイライラしたりしますか?

私は、自分が何か失敗をするたびに怒ったり、イライラしています。

今の私は怒りを抑えることが苦手です。

逆にいうと抑えられるようになれば、自分はもっと成長すると信じています。

そしてつい最近、怒らないようにするためのヒントを手に入れました。

今回は、セネカ(2020)の『怒らない方法』を読んで印象に残った文章を紹介して、それを元に感想を話していきたいと思います。

twitterで一応書いたのですが、今回紹介する本はタイトルが少し長いので、

タイトル名を少し省略しています。

なので、ちゃんとしたタイトルを知りたい方は目次の「参考資料・文献」の方を見てもらえると幸いです。

1,印象に残った文章( 少し長いので、省略してます。)

【自分の病気を知り、それが悪化する前に押さえることは、

 わたしたちの誰にとっても有益だ。

 だから、自分を最もイライラさせるものは何か、考えておく必要がある。

 〔中略〕/ ...つまり、私たちの誰もが同じ理由で傷つくわけではないのだ。

 自分の傷つきやすいところはどこか、知っておこう。

 そうすれば、そこを最もよく守ることができるだろう。】

引用:セネカ(2020)『2000年前からローマの哲人は知っていた 怒らない方法』

p118 14行目

 

2,感想

2-1 私が文章から手に入れた怒らないようにするためのヒント

冒頭で、私は自分が失敗すると怒ると書いたのですが、怒る対象というのは、周りの人ではなく自分自身です。

でも、この世にいる人間全員が自分が失敗しても、自分自身に怒るわけじゃないですよね。

逆に私は誰かが失敗しても怒ることはほとんどないのですが、

失敗した人に対して、怒る人も居ると思います。

このように、人によって怒る原因って違うんですよね。

また今回紹介した文章では、自分が傷つくと、イライラしたり怒ったりするのだと解釈することができます。

そして私は、今回紹介した文章から、自分が傷つきやすいところを把握しようという

怒らないようにするためのヒントを手に入れました。

自分が傷つきやすいところを把握するには自分がよく怒ったりすることを考え、

それがおこると自分がどのように傷つくかを理解しないといけないでしょう。

2-2 私が自分の失敗で怒るのは、自分が失敗したくないから

ところで、皆さんは周りの人に自分が傷つくようなことをされたら怒りますか?

一般的に、誰かに自分のコンプレックスを指摘されると傷つく人がいると思いますが、

そういう人はコンプレックスを指摘したら、必ず怒るのでしょうか?

こればかりは、何か実験したりしないと分からないですね。

しかし、指摘されて怒る人は今回紹介した文章の内容の通りに考えると、コンプレックスを指摘されるのが傷つきやすい原因だということがいえますね。

私は今回紹介した文章を読んで気づいたのは、自分が怒る原因は、自分が失敗したときだけであり、失敗して怒るのは自分が失敗したくないから。

つまり、失敗すると自分は傷つくんです。

2-3 失敗すると傷つくのは、自分が○○だと考えているのに加えて○○だから。

では、なぜ私は傷つくのでしょうか?

この問いに対する答えは、すぐに分かりました。

それは、自分は自分の失敗は全て自分の責任だと考えているのに加えて、完璧主義だからです。

私は何事も完璧にやろうとするので、自分が完璧からほど遠くなるような失敗をすると怒ります。さらに、自分の失敗は自分責任だと考えるため、怒りの矛先は自分自身に向きます.

私は、失敗したのは自分のせいという考えも、完璧主義もやめるつもりはありません。なぜなら、完璧にやろうとして完璧に行かなかったとしても完璧に近い状態で物事を進めることはできるので、それに満足できるからです。

しかし、毎回失敗して怒っているので周りの人は良い気分にならないし、雰囲気も悪くなります。

2-4 私は怒らないようにするための方法

私は失敗すると傷つきやすいことが分かりました。

では、どのようにすれば自分は怒らないようにできるのでしょうか?

私の場合は失敗して怒るので、目標を立てて、実行するときに自分が怒る可能性があることを頭に入れて身構えておけば怒らないようにできるではないかと思います。

失敗という概念が発生しやすい状況や出来事に直面するたびに「自分は最悪怒ってしまうかもしれない」とあらかじめ想定しておくのが私にとっては大事になると思います。

そして、最悪の状況である怒りに満ちた状になったらどうすればいいかについては明日の記事に書こうと思います。

3,最後に

今回の記事やその他の記事で問題点や不満点があったらコメントしてくださると幸いです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

参考資料・文献

セネカ(2020)『2000年前からローマの哲人は知っていた 怒らない方法』文響社

 

 

Twitterについて

twittergen.__ @gen_vemstarというアカウントを作りました。このアカウントから投稿する記事の情報などをツイートする予定です。

当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

Vemstar's diaryは、ご訪問者が安心してご利用頂けるよう、個人情報の保護に最大限の注意を払います。本サイトの個人情報保護方針は以下の通りです。

他の記事の紹介

1つめ

元々私は、失敗が怖くて、ブログを始めたり、挑戦するのが怖かったのですが、そんな自分を変えてくれた文章に出会いました。

その文章について書いた記事はこちらです。↓

 

vemstar.hatenablog.com

2つめ

自分がいま失敗や挫折を肯定的に受け入れられるようになったきっかけを与えてくれた文章について書いてあります。↓

 

vemstar.hatenablog.com

3つめ

2-4で私の怒らないようにするための方法を話していましたが、これで必ずしも怒らないようになるとは限りません1冊の本では限界があります。

そのことについて書いた記事がこちらです。↓

 

vemstar.hatenablog.com

 

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

ご利用者の登録された個人および法人の情報については、本サイトにおいての機能やサービスを提供するためのみに利用します。個人及び法人の登録情報の保護に細心の注意を払います。ご利用者の同意なく、適用範囲を超えて登録情報を利用することはありません。

当個人情報保護方針(プライバシーポリシー)の適用範囲は、本サイトが提供する機能、サービスに限定されます。

ご利用者が本サイトのサービス(含む”お問い合わせ”)をご利用の際に記載した個人・法人情報は、守秘義務を徹底し厳重に管理致します。また、サイトのセキュリティの向上に努め、より安心してご利用頂けるように配慮してまいります。

ご利用者からご提供頂いた個人・法人のプライベートな情報は、ご利用者の同意がない限り第三者に開示することはありません。ただし、法律に基づき公的機関から要請があった場合や、法令に特別の規定がある場合、お客様や公衆の生命、健康、資産等に重大な損害が発生する恐れがある場合には、適用外となります。

個人情報保護のため、必要に応じて本方針を改定する場合がございます。改定が行われた場合、利用者がその内容を知ることができるよう、速やかにホームページに公開し、プライバシーポリシーに記載致します。

三者配信事業者による広告について

本サイトは、Googleなどの第三者配信事業者が配信する広告、その他の広告ネットワークを介した広告を掲載しています。 これらの広告は、広告Cookie を使用して、ユーザーがそのウェッブサイトや他のウェッブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて配信される広告が含まれます。

本サイトにおける広告掲載について

広告によって、Google及び多くのウェッブサイトと関連サービスは無料でご利用することを可能にしています。

Google社は、広告が安全で邪魔にならず、適切に配信されていることに可能な限り努めています。

本サイトもGoogle社の方針を理解し、ユーザーエクスピリエンスの向上に努めながら、広告配信ポリシーに準拠するように努めております。

Cookieは、ユーザーのブラウザに保存される小さなテキストファイルです。Cookieは、広告掲載の利便性を高めるために使用されています。Cookieを使用しないと、ユーザーに適切な広告を配信することが難しくなります。

Googleやそのパートナーは、広告 Cookie を使用することによって、適切な広告を配信し、本サイトで表示しています。広告 Cookie には、個人を特定できる情報は含まれません。

本サイトのご利用者は、Googleの広告設定ページ でパーソナライズ広告を無効にできます。または、www.aboutads.info のページからパーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。

三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。

本サイトで掲載する広告を配信する第三者配信事業者及び広告ネットワーク

以下は本サイトで掲載する広告を配信する事業者及び広告ネットワークです。 各社のプライバシーポリシーについては、リンク先のページをご参照下さい。

アクセス解析について

本サイトは、Google アナリティクスの広告向け機能を使用しています。当該、広告向け機能の内容は次のとおりです。

  • Google アナリティクス リマーケティング
  • Google ディスプライ ネットワークのインプレッション レポート
  • Google アナリティクスのユーザーの分析とインタレスト カテゴリに関するレポート
  • 広告掲載目的のデータ収集(広告 Cookie と識別子によるデータ収集を含む)のためにGoogle アナリティクスを必要とするサービス

本サイトは、Google アナリティクスの広告向けの機能に関するポリシーに準拠し、個人を特定したり、個人を特定できる情報とGoogleの広告サービスまたは広告機能介して収集された個人を特定できない情報を組み合わせたりすることは致しません。

Googleが開発したGoogle アナリティクス オプトアウトアドオン をご利用するとGoogle アナリティクスによる本サイトご利用のお客様のデータ使用を無効にすることができます。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依 頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

【運営者】:Vemstar

【初出掲載】:2022年1月18日

自分のプロフィールのURL:gen.__さん (@gen_vemstar) / Twitter

 

 

 

 

読書の感想 『理系読書』#2 -複数の本に同じ情報があるのは、その情報が重要だから。

f:id:Vemstar:20220117203338p:plain

 皆さんはたくさんの本を読んでいて同じ情報に出会ったことはありますか?

私は5冊ぐらいの本に全く同じことが書いてあったという経験をしたことがあります。

前読んだ本と同じことが書いてあると何か損をしてしまってると思うことがあります。

でも、今回紹介する印象的な文章を読んで、たくさんの本から同じ情報を見つけるということが、大きな発見であり、とても良いことなのだということに、気づかされました。

 

今回は、前回の記事でも紹介した犬塚壮志(2020)の『理系読書』から、印象的な文章を紹介をしてそれを元に感想を話していきたいと思います。

 

前回の記事はこちらです↓

 

vemstar.hatenablog.com

1,印象に残った文章

【時には複数の本に、同じ内容が書かれていることもあります。

それを、「なんだあの本と同じことが書いてあるな」とネガティブに捉える必要はありません。複数の本に書いてある内容は、重要な事実であったり、多くの人の常識だったりする可能性が高いです。それが確認できただけでも、読書の成果は得られたといえます。】

引用:犬塚壮志(2020)p18 2行目

2,感想

1-1 複数の本に同じ情報があるのはなぜか?-自分の考え

 本というのは一般的にある程度実績がある人が書いています。

実績が全くない人が本を出すのはかなり難しいし、書店にそんな本を置いても

買う人はほとんどいないでしょう。

それをふまえると、複数の本に同じ情報があるというのは、

実績出している人が全員その情報を重要だと考えている」と解釈できるではないでしょうか?

もし複数の本が全て読書法の本だったら、同じ情報に出会ったとき、

その情報は、質の高い読書をするための常識だと考えられるからです。

しかし、複数の本でもビジネス書だったり、英語の文法の本といったようにジャンルが違えば、同じ情報に出会ったのは、偶然ではないかと考えることができなくもないです。

ただ、その情報は複数の分野をつなげることができるような重要な情報であるということが考えられます。

複数の本から同じ情報に出会うことは、とても良い状況である。」というのが今回の紹介した文章を読んでの私の考えです。

1-2 教科書の内容が出版社によって全く違うということはありえない。

自分の考えに説得力を持たせたいので、ここでは、高校で使う数学の教科書を例に話していきたいと思います。

高校の数学の教科書には、必ずといって良いほど定理公式が載っています。

なぜかというと、定理公式が大学入試の問題を解く上で必要だからです。

もし、出版社ごとに教科書の内容(特に定理や公式)が違ったら?

ここで皆さんに考えていただきたいことがあるのですが、

もし出版社によって、数学の教科書の内容(特に定理や公式)が異なっていたらどう思いますか?

 

間違いなく、大半の人は、

大学受験において、数学の教科書は役に立たない。

高校で学ぶべき数学が何か分からない。

と思うでしょう。

まず、①は出版社ごとに教科書に載っている定理公式が違ったら、大学入試で必要な定理公式が分からなくなるからです。

もし実際に出版社ごとに内容が違ったら、受験生は書店に売られてるような参考書や問題集で大学入試の対策をするでしょう。

②については、高校生になったばかりの1年生が困惑するでしょう。

教科書にいきなり線形代数とかの大学で学ぶような数学について書いてあったら。

数学が苦手な続出するのは目に見えています。

1-3 重要な情報ほど、同じジャンルの本ではたくさんでやすい。

先ほどの数学の教科書の例から、定理公式は、大学受験で必要な重要なものであるからこそ、どの出版社の教科書でも載っている定理や公式はほとんど同じであるであるのはなぜかということが、分かったと思います。

何が言いたいのかというと、先ほどの話した教科書の定理公式のように

重要な情報ほど、複数の本にも書いてあることが多いということです。

特に同じジャンルの本では、重要な情報が見つかりやすいです。

このことに関しては、1-2の文章を見てもらえれば、分かることではないかと思っています。

重要な情報が見つかるからこそ複数の本から同じ情報を得るのはとても良い状況である。

これが、今回の紹介した文章から学んだことです。

3,最後に

今回は、いつもより長く書くことに挑戦したので、もしかしたら分かりづらい部分があるかもしれません。

「この部分が分かりづらい!」といったコメントがあるととても助かります。

「長すぎる!」といったコメントもあれば、今後の記事は短めにするのを心がけます。

またいつものように問題点があったらコメントをお願いします。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

参考資料・文献

・犬塚壮志(2020)『理系読書』ダイヤモンド社

 

Twitterについて

twittergen.__ @gen_vemstarというアカウントを作りました。このアカウントから投稿する記事の情報などをツイートする予定です。

 

当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

Vemstar's diaryは、ご訪問者が安心してご利用頂けるよう、個人情報の保護に最大限の注意を払います。本サイトの個人情報保護方針は以下の通りです。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

ご利用者の登録された個人および法人の情報については、本サイトにおいての機能やサービスを提供するためのみに利用します。個人及び法人の登録情報の保護に細心の注意を払います。ご利用者の同意なく、適用範囲を超えて登録情報を利用することはありません。

当個人情報保護方針(プライバシーポリシー)の適用範囲は、本サイトが提供する機能、サービスに限定されます。

ご利用者が本サイトのサービス(含む”お問い合わせ”)をご利用の際に記載した個人・法人情報は、守秘義務を徹底し厳重に管理致します。また、サイトのセキュリティの向上に努め、より安心してご利用頂けるように配慮してまいります。

ご利用者からご提供頂いた個人・法人のプライベートな情報は、ご利用者の同意がない限り第三者に開示することはありません。ただし、法律に基づき公的機関から要請があった場合や、法令に特別の規定がある場合、お客様や公衆の生命、健康、資産等に重大な損害が発生する恐れがある場合には、適用外となります。

個人情報保護のため、必要に応じて本方針を改定する場合がございます。改定が行われた場合、利用者がその内容を知ることができるよう、速やかにホームページに公開し、プライバシーポリシーに記載致します。

三者配信事業者による広告について

本サイトは、Googleなどの第三者配信事業者が配信する広告、その他の広告ネットワークを介した広告を掲載しています。 これらの広告は、広告Cookie を使用して、ユーザーがそのウェッブサイトや他のウェッブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて配信される広告が含まれます。

本サイトにおける広告掲載について

広告によって、Google及び多くのウェッブサイトと関連サービスは無料でご利用することを可能にしています。

Google社は、広告が安全で邪魔にならず、適切に配信されていることに可能な限り努めています。

本サイトもGoogle社の方針を理解し、ユーザーエクスピリエンスの向上に努めながら、広告配信ポリシーに準拠するように努めております。

Cookieは、ユーザーのブラウザに保存される小さなテキストファイルです。Cookieは、広告掲載の利便性を高めるために使用されています。Cookieを使用しないと、ユーザーに適切な広告を配信することが難しくなります。

Googleやそのパートナーは、広告 Cookie を使用することによって、適切な広告を配信し、本サイトで表示しています。広告 Cookie には、個人を特定できる情報は含まれません。

本サイトのご利用者は、Googleの広告設定ページ でパーソナライズ広告を無効にできます。または、www.aboutads.info のページからパーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。

三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。

本サイトで掲載する広告を配信する第三者配信事業者及び広告ネットワーク

以下は本サイトで掲載する広告を配信する事業者及び広告ネットワークです。 各社のプライバシーポリシーについては、リンク先のページをご参照下さい。

アクセス解析について

本サイトは、Google アナリティクスの広告向け機能を使用しています。当該、広告向け機能の内容は次のとおりです。

  • Google アナリティクス リマーケティング
  • Google ディスプライ ネットワークのインプレッション レポート
  • Google アナリティクスのユーザーの分析とインタレスト カテゴリに関するレポート
  • 広告掲載目的のデータ収集(広告 Cookie と識別子によるデータ収集を含む)のためにGoogle アナリティクスを必要とするサービス

本サイトは、Google アナリティクスの広告向けの機能に関するポリシーに準拠し、個人を特定したり、個人を特定できる情報とGoogleの広告サービスまたは広告機能介して収集された個人を特定できない情報を組み合わせたりすることは致しません。

Googleが開発したGoogle アナリティクス オプトアウトアドオン をご利用するとGoogle アナリティクスによる本サイトご利用のお客様のデータ使用を無効にすることができます。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依 頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

【運営者】:Vemstar

【初出掲載】:2022年1月17日

 

 

読書の感想 『理系読書』#1 -私はできるだけ多くの本から問題の解決策を見つけ出す

f:id:Vemstar:20220116205223p:plain

皆さんは、自分の身に起こる問題をどのようにして、解決しますか?

 

私の場合は、本を読んで得た情報から解決策を見つけて問題を解決します。

 

今まで私は1冊の本から問題の解決策を見つけようとしていました。

 

しかし、今回紹介する本を読んで、私は多くの本から問題の解決策を見つけ出すようになりました。

 

今回は犬塚壮志(2020)『理系読書』を読んで、印象に残った文章を紹介してそれを元に感想を話していきます。

 

 

印象に残った文章

【自分に降りかかる悩みや世の中の問題は非常に複雑かつ個別具体的で、

1冊の本の内容だけで解決策を無理矢理導き出そうとすると、

非効率になることもあるのです。

ではどうすればいいのか。「多様なジャンルの本を読むこと」です。

多くの本から必要な箇所だけを読み取り、そこで得た情報を現実世界で活用することが、合理的な問題解決方法となります。】

引用:犬塚壮志(2020)『理系読書』p17 9行目

 

感想

 この印象に残った文章を読んで気づいたのは、1冊の本の内容だけで解決策をみつけ

るということが実はすごく難しいことであるということです。

なぜこのことに気づいたのかというと、この文章を読んだときに、以前私が経験したことを思い出したからです。

私の経験談

 私は以前、テストの点数を上げたいが、中々上げることができないという問題が起きたため、1冊の勉強法の本を読んでそこから学んだことを実行しました。

しかしテストの点数は上がらず、前の点数とあまり変わらないという結果になりました。

テストの反省をしていたとき、私はある一つのことに気づきました。        それは、書いてあるやり方や方法というのはその本を書いた著者自身に一番合っているのであって、書いてある内容をそのまま自分がマネするだけでは問題の解決に至らないということが多いということです。

その反省を元に、私は本などで学んだ内容を実際にやってみて、良いところや自分がマネしやすい部分を今までの自分の勉強の仕方に取り入れるようにしていきました。

すると今までのやり方に比べてテストの点数が上がるようになり、問題を無事解決することができました。

 

以前の経験を元に文章から学んだこと

 私がテストの点数を上げるために今までのやり方に勉強法の本で学んだことを取り入れるというこの方法も今回紹介した文章の一番重要な部分である「多くの本から必要な箇所だけを読み取り、そこで得た情報を現実世界で活用する」ということと同じだと思いました。

私の今までの勉強の仕方も誰かから得た情報を元に編み出しており、そこに本の情報も加えて実際のテスト勉強に活用しているからです。

私は今回印象に残った文章から昔の経験を思い出し、その経験からこの文章の内容に納得することができました。

しかし、多くの本を手に入れるのはそんなに簡単なことではないので、まずは2冊ぐらいの本から情報を読み取り、日々の生活で実際に行うというのが良いだろうと感じました。

最後に

今回の記事やその他の記事で何か問題点があったらコメントで教えてくださるととても助かります。よろしくお願いします。

 

参考資料・文献

・犬塚壮志(2020)『理系読書』ダイヤモンド社

 

 

その他の記事

前回の記事

 

vemstar.hatenablog.com

ツイッターについて

twittergen.__ @gen_vemstarというアカウントを作りました。このアカウントから投稿する記事の情報などをツイートする予定です。

 

当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

Vemstar's diaryは、ご訪問者が安心してご利用頂けるよう、個人情報の保護に最大限の注意を払います。本サイトの個人情報保護方針は以下の通りです。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

ご利用者の登録された個人および法人の情報については、本サイトにおいての機能やサービスを提供するためのみに利用します。個人及び法人の登録情報の保護に細心の注意を払います。ご利用者の同意なく、適用範囲を超えて登録情報を利用することはありません。

当個人情報保護方針(プライバシーポリシー)の適用範囲は、本サイトが提供する機能、サービスに限定されます。

ご利用者が本サイトのサービス(含む”お問い合わせ”)をご利用の際に記載した個人・法人情報は、守秘義務を徹底し厳重に管理致します。また、サイトのセキュリティの向上に努め、より安心してご利用頂けるように配慮してまいります。

ご利用者からご提供頂いた個人・法人のプライベートな情報は、ご利用者の同意がない限り第三者に開示することはありません。ただし、法律に基づき公的機関から要請があった場合や、法令に特別の規定がある場合、お客様や公衆の生命、健康、資産等に重大な損害が発生する恐れがある場合には、適用外となります。

個人情報保護のため、必要に応じて本方針を改定する場合がございます。改定が行われた場合、利用者がその内容を知ることができるよう、速やかにホームページに公開し、プライバシーポリシーに記載致します。

三者配信事業者による広告について

本サイトは、Googleなどの第三者配信事業者が配信する広告、その他の広告ネットワークを介した広告を掲載しています。 これらの広告は、広告Cookie を使用して、ユーザーがそのウェッブサイトや他のウェッブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて配信される広告が含まれます。

本サイトにおける広告掲載について

広告によって、Google及び多くのウェッブサイトと関連サービスは無料でご利用することを可能にしています。

Google社は、広告が安全で邪魔にならず、適切に配信されていることに可能な限り努めています。

本サイトもGoogle社の方針を理解し、ユーザーエクスピリエンスの向上に努めながら、広告配信ポリシーに準拠するように努めております。

Cookieは、ユーザーのブラウザに保存される小さなテキストファイルです。Cookieは、広告掲載の利便性を高めるために使用されています。Cookieを使用しないと、ユーザーに適切な広告を配信することが難しくなります。

Googleやそのパートナーは、広告 Cookie を使用することによって、適切な広告を配信し、本サイトで表示しています。広告 Cookie には、個人を特定できる情報は含まれません。

本サイトのご利用者は、Googleの広告設定ページ でパーソナライズ広告を無効にできます。または、www.aboutads.info のページからパーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。

三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。

本サイトで掲載する広告を配信する第三者配信事業者及び広告ネットワーク

以下は本サイトで掲載する広告を配信する事業者及び広告ネットワークです。 各社のプライバシーポリシーについては、リンク先のページをご参照下さい。

アクセス解析について

本サイトは、Google アナリティクスの広告向け機能を使用しています。当該、広告向け機能の内容は次のとおりです。

  • Google アナリティクス リマーケティング
  • Google ディスプライ ネットワークのインプレッション レポート
  • Google アナリティクスのユーザーの分析とインタレスト カテゴリに関するレポート
  • 広告掲載目的のデータ収集(広告 Cookie と識別子によるデータ収集を含む)のためにGoogle アナリティクスを必要とするサービス

本サイトは、Google アナリティクスの広告向けの機能に関するポリシーに準拠し、個人を特定したり、個人を特定できる情報とGoogleの広告サービスまたは広告機能介して収集された個人を特定できない情報を組み合わせたりすることは致しません。

Googleが開発したGoogle アナリティクス オプトアウトアドオン をご利用するとGoogle アナリティクスによる本サイトご利用のお客様のデータ使用を無効にすることができます。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依 頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

【運営者】:Vemstar

【初出掲載】:2022年1月16日

 

 

 

 

 

 

 

 

読書の感想 『1分間読書法』-役に立つ一言があれば、その本には価値がある。

f:id:Vemstar:20220115170343p:plain

皆さんは本にどのような価値を求めていますか?

「内容が役に立つ」、「面白い」など人によって違うと思います。

中には、この本は役に立たないと感じる経験もした人もいるでしょう。

私は『1分間読書法』を読んで、本に求めるものが変わりました。

 

今回は、印象に残った文章と印象に残った理由を中心に感想を話していきたいと思います。

印象に残った文章

「モテない男性はすぐに文句を言います。

モテる男性は、嫌なことがあっても、口出さないで、何か学ぶところはないかといいところを探します。

本を読んで、ひとつでも自分にとって役に立つ一言があれば、それで1500円の価値があったと感じればいいのです。

もしいいところがひとつも感じることができなければ、

あなたの感受性に問題があるわけであって、本に問題があるわけではないのです。

引用:石井貴士(2015)『1分間読書法』p211 8行目

 

感想

この本を読む前までは、本の価値は内容が役に立つかどうかで判断していました。

なので、ビジネス書やハウツー本といった本しか読んでいませんでした.

でもこの文章によって、私は本の価値に対する考え方が大きく変わりました。

今まで、私は書いてある内容が役に立つかどうかで判断していましたが、

今は、自分を感動させたり、考えるきっかけを与える文章があれば、その本には十分価値があると考えられるようになりました。

また私は一度読んで、印象に残った文章がなくても、

時間をおいてからもう一度読むと、印象的な文章を見つけるという経験をすることが多いです。

なので私も読書において感受性は大切だと思いました。

最後に

最近書いてる記事も、本を読んで印象に残った文章を紹介するという内容にしているのは、私が読書をする上で見つけた印象的な文章を紹介することで、記事を読んでいる人が、読書をするきっかけや、読書に対する価値観に影響を与えたいと考えているからです。本の内容全てから吸収するのではなくて、一つの文章から何か感動や考えたりするきっかけを見つけようというやり方でやると、読書に対するハードルも下がるのではないかと思っています。

最後に一つお願いがあるのですが、もし今回の記事やその他の記事で何か問題点があったら教えてくださるととても助かります。よろしくお願いします。

 

参考資料・文献

石井貴士(2015)『1分間読書法』SBクリエイティブ株式会社

 

 

記事の紹介

・前回の記事

vemstar.hatenablog.com

・他にも不定期ですが、こんな記事を書いています

 

vemstar.hatenablog.com

当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

Vemstar's diaryは、ご訪問者が安心してご利用頂けるよう、個人情報の保護に最大限の注意を払います。本サイトの個人情報保護方針は以下の通りです。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

ご利用者の登録された個人および法人の情報については、本サイトにおいての機能やサービスを提供するためのみに利用します。個人及び法人の登録情報の保護に細心の注意を払います。ご利用者の同意なく、適用範囲を超えて登録情報を利用することはありません。

当個人情報保護方針(プライバシーポリシー)の適用範囲は、本サイトが提供する機能、サービスに限定されます。

ご利用者が本サイトのサービス(含む”お問い合わせ”)をご利用の際に記載した個人・法人情報は、守秘義務を徹底し厳重に管理致します。また、サイトのセキュリティの向上に努め、より安心してご利用頂けるように配慮してまいります。

ご利用者からご提供頂いた個人・法人のプライベートな情報は、ご利用者の同意がない限り第三者に開示することはありません。ただし、法律に基づき公的機関から要請があった場合や、法令に特別の規定がある場合、お客様や公衆の生命、健康、資産等に重大な損害が発生する恐れがある場合には、適用外となります。

個人情報保護のため、必要に応じて本方針を改定する場合がございます。改定が行われた場合、利用者がその内容を知ることができるよう、速やかにホームページに公開し、プライバシーポリシーに記載致します。

三者配信事業者による広告について

本サイトは、Googleなどの第三者配信事業者が配信する広告、その他の広告ネットワークを介した広告を掲載しています。 これらの広告は、広告Cookie を使用して、ユーザーがそのウェッブサイトや他のウェッブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて配信される広告が含まれます。

本サイトにおける広告掲載について

広告によって、Google及び多くのウェッブサイトと関連サービスは無料でご利用することを可能にしています。

Google社は、広告が安全で邪魔にならず、適切に配信されていることに可能な限り努めています。

本サイトもGoogle社の方針を理解し、ユーザーエクスピリエンスの向上に努めながら、広告配信ポリシーに準拠するように努めております。

Cookieは、ユーザーのブラウザに保存される小さなテキストファイルです。Cookieは、広告掲載の利便性を高めるために使用されています。Cookieを使用しないと、ユーザーに適切な広告を配信することが難しくなります。

Googleやそのパートナーは、広告 Cookie を使用することによって、適切な広告を配信し、本サイトで表示しています。広告 Cookie には、個人を特定できる情報は含まれません。

本サイトのご利用者は、Googleの広告設定ページ でパーソナライズ広告を無効にできます。または、www.aboutads.info のページからパーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。

三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。

本サイトで掲載する広告を配信する第三者配信事業者及び広告ネットワーク

以下は本サイトで掲載する広告を配信する事業者及び広告ネットワークです。 各社のプライバシーポリシーについては、リンク先のページをご参照下さい。

アクセス解析について

本サイトは、Google アナリティクスの広告向け機能を使用しています。当該、広告向け機能の内容は次のとおりです。

  • Google アナリティクス リマーケティング
  • Google ディスプライ ネットワークのインプレッション レポート
  • Google アナリティクスのユーザーの分析とインタレスト カテゴリに関するレポート
  • 広告掲載目的のデータ収集(広告 Cookie と識別子によるデータ収集を含む)のためにGoogle アナリティクスを必要とするサービス

本サイトは、Google アナリティクスの広告向けの機能に関するポリシーに準拠し、個人を特定したり、個人を特定できる情報とGoogleの広告サービスまたは広告機能介して収集された個人を特定できない情報を組み合わせたりすることは致しません。

Googleが開発したGoogle アナリティクス オプトアウトアドオン をご利用するとGoogle アナリティクスによる本サイトご利用のお客様のデータ使用を無効にすることができます。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依 頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

【運営者】:Vemstar

【初出掲載】:2022年1月15日

 

 

 

読書の感想 『受験必要論』-私はつらいことをポジティブに捉えることができる。

f:id:Vemstar:20220114204535p:plain

皆さんはつらいことがあったとき、どのように乗り越えますか?僕は今回紹介する本の文章を読んで、つらいことをポジティブに捉えることができました。今では、つらいことがあっても容易に乗り越えられるようになりました。

皆さんこんにちはVemstarです。今回は林修(2013)の『受験必要論』を読んで、印象に残った文章を紹介して、印象に残った理由を中心に感想を話していきたいと思います。

 

印象に残った文章

「つらいと感じるのは、自分の不得意なこと、できないことに向き合っている証拠でもあります。そして、そういうことを一つずつ乗り越えて結果を出していくという経験自体に価値があると思うんです。」

引用:林修(2013) 『受験必要論』p85 16行目

 

感想

 私がつらいと感じることは、主に慣れない状況に直面したときや、やったことないことに挑戦し、継続しようとしたときです。

最近では、資格を取るための勉強がつらいと感じます。でも、私の場合、つらい状況に慣れると資格の勉強は継続してできるようになったり、本番と同じような状況で問題を解くと、点数が上がったりしていて自分が成長を感じることがよくあります。

自分の人生を振り返ると、自分がつらい状況を乗り越えたときが一番成長を感じることが多いと思いました。

 私はブログを再開したばかりのときに、毎日一つの記事を書くのがつらいとは思わなかったのですが、大変だと思いました。そんなときに、この『受験必要論』の本のことを思い出し、読み返してみると先ほど紹介した文章を見つけました。「つらいと感じるときは、自分が成長している最中なんだ。だからこの状況は普段から成長することを目的としている自分にとってはありがたい状況なんだ。」と今回紹介した文章を読んだときに気づいたのです。

 ブログを再開してから少し時間が経ちましたが、今では、大変だと思っていたブログの更新も大変だと思わなくなりました。これから先、友人をなくしたり、物事が上手くいかないといったつらい状況に直面することもあると思いますが、この文章に出会った私は必ず乗り越えられると思いました。

 

最後に

今回の記事やその他の記事で何か問題点があったらコメントなどで、教えてくださるととても助かります。

 

参考資料・文献

林修(2013)『受験必要論』集英社

 

当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

Vemstar's diaryは、ご訪問者が安心してご利用頂けるよう、個人情報の保護に最大限の注意を払います。本サイトの個人情報保護方針は以下の通りです。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

ご利用者の登録された個人および法人の情報については、本サイトにおいての機能やサービスを提供するためのみに利用します。個人及び法人の登録情報の保護に細心の注意を払います。ご利用者の同意なく、適用範囲を超えて登録情報を利用することはありません。

当個人情報保護方針(プライバシーポリシー)の適用範囲は、本サイトが提供する機能、サービスに限定されます。

ご利用者が本サイトのサービス(含む”お問い合わせ”)をご利用の際に記載した個人・法人情報は、守秘義務を徹底し厳重に管理致します。また、サイトのセキュリティの向上に努め、より安心してご利用頂けるように配慮してまいります。

ご利用者からご提供頂いた個人・法人のプライベートな情報は、ご利用者の同意がない限り第三者に開示することはありません。ただし、法律に基づき公的機関から要請があった場合や、法令に特別の規定がある場合、お客様や公衆の生命、健康、資産等に重大な損害が発生する恐れがある場合には、適用外となります。

個人情報保護のため、必要に応じて本方針を改定する場合がございます。改定が行われた場合、利用者がその内容を知ることができるよう、速やかにホームページに公開し、プライバシーポリシーに記載致します。

三者配信事業者による広告について

本サイトは、Googleなどの第三者配信事業者が配信する広告、その他の広告ネットワークを介した広告を掲載しています。 これらの広告は、広告Cookie を使用して、ユーザーがそのウェッブサイトや他のウェッブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて配信される広告が含まれます。

本サイトにおける広告掲載について

広告によって、Google及び多くのウェッブサイトと関連サービスは無料でご利用することを可能にしています。

Google社は、広告が安全で邪魔にならず、適切に配信されていることに可能な限り努めています。

本サイトもGoogle社の方針を理解し、ユーザーエクスピリエンスの向上に努めながら、広告配信ポリシーに準拠するように努めております。

Cookieは、ユーザーのブラウザに保存される小さなテキストファイルです。Cookieは、広告掲載の利便性を高めるために使用されています。Cookieを使用しないと、ユーザーに適切な広告を配信することが難しくなります。

Googleやそのパートナーは、広告 Cookie を使用することによって、適切な広告を配信し、本サイトで表示しています。広告 Cookie には、個人を特定できる情報は含まれません。

本サイトのご利用者は、Googleの広告設定ページ でパーソナライズ広告を無効にできます。または、www.aboutads.info のページからパーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。

三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。

本サイトで掲載する広告を配信する第三者配信事業者及び広告ネットワーク

以下は本サイトで掲載する広告を配信する事業者及び広告ネットワークです。 各社のプライバシーポリシーについては、リンク先のページをご参照下さい。

アクセス解析について

本サイトは、Google アナリティクスの広告向け機能を使用しています。当該、広告向け機能の内容は次のとおりです。

  • Google アナリティクス リマーケティング
  • Google ディスプライ ネットワークのインプレッション レポート
  • Google アナリティクスのユーザーの分析とインタレスト カテゴリに関するレポート
  • 広告掲載目的のデータ収集(広告 Cookie と識別子によるデータ収集を含む)のためにGoogle アナリティクスを必要とするサービス

本サイトは、Google アナリティクスの広告向けの機能に関するポリシーに準拠し、個人を特定したり、個人を特定できる情報とGoogleの広告サービスまたは広告機能介して収集された個人を特定できない情報を組み合わせたりすることは致しません。

Googleが開発したGoogle アナリティクス オプトアウトアドオン をご利用するとGoogle アナリティクスによる本サイトご利用のお客様のデータ使用を無効にすることができます。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依 頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

【運営者】:Vemstar

【初出掲載】:2022年1月14日